mag079 【謝罪】ウレシパモシリ豚ちゃん30(木)入荷

あなたのナチュラル・ライフを【おいしく】【たのしく】【オモシロく】
五風十雨のメールマガジン 79号

毎度。五風十雨のイシマンです。

早速ですが、謝罪です。

本日入荷予定とご連絡しておりました、「ウレシパモシリ農園」の放牧豚ですが

【7月30日(木曜日)】の間違いでございました。

当日のご連絡となり誠に申し訳ございません、ご予約いただいた方にはご連絡を差し上げているところではございますが、ご連絡のつかない方もいらっしゃりますゆえメルマガでもご案内させていただきました。

もしすでにご予約済みで、ご来店予定の方には来週「宅急便」などで配送も検討させていただいております。モチロン送料に関しましては当方にて負担させていただきますのでご安心いただけますと幸甚でございます。

そして、告知忘れがありましたので重ねてご連絡させてくださいませ。

 本日23(木)「Vapur(ヴァプール)」さんの自然派スコーンとスチームマフィンが入荷しております(汗)

メニューは

 スチマ

・キャロット
・ヴィーガンチョコ
・パンプキン&ココナッツ
・ブルーベリークリチ(限定)
・いちごクリチ
・夏みかんクリチ(限定)
・ラズベリーホワイトショコラ

 スコーン(自然栽培小麦使用)

・オレンジ&ココナッツ(限定)
・クランベリーショコラ
・ホワイトチョコストロベリー
・旅するレモンチーズ

 グラノーラ

・イチゴ&ビーツ
・キャロット&ココナッツ
・アップル&シナモン

(冷蔵庫で冷やしてカリカリで食べるのがオススメらしいですよ〜)

と、謝罪と追加告知までしたところで、みなさまのご予定を狂わせてしまった責が免れたとは一切持っておりません。
 私のテーマとして、ただ「謝る」だけではオモシロくもなんともないですし、むしろ謝られた側には何のメリットもないが故、謝罪の後には【笑い】が大切だと思っております。
 「ごめんね」した後は「わらって手をつなぐ」そんな世の中に少しでもなるように、みなさまをクスッと笑わせられるようなテキストを10分くらいで打ち込めたなら、私のお役目も果たせようものなのですが、そうはうまくいかないものです。

 そこでイシマンが趣味でやっていたブログより一文抜粋して上げさせていただきます。
 お暇な時にでもご一笑いただけますと幸甚でございます。

 (お食事中の方の閲覧は強く、否定致します)

 謝。


2017-07-20

 ブリトニーとゴルゴ13が家に来ちゃった!? どうやってもてなすの?? 最良のオモテナシ1選。

こんにちは。
いしまんです。

暑い日が続きます。
そろそろ、アレにおびえる季節ですね。

特に地べた住まい(戸建てや借家)には切っても切れないアレ。
我が家での呼び名は2種類ある。

奥さんは『G』と呼び、私は『ブリちゃん』と呼ぶ。
そう。
タイトルで釣るつもりはないのだが、あいつのことだ。

暗闇にまぎれる漆黒のボディをもち、6足歩行を生かした駆動力と俊敏性。
しなやかに伸びる好感度センサーは、小刻みに「右へ左へ」とウィービングすることで実現される。
そのセンサーは、周囲の危険を察知する安全性能を見せつけるには、余りあるほどの長さ。

人はそれを忌み嫌い、目にすること、口に出すことすら はばかられる。
いつしかヤツには隠語があてらるようになった。
ネット界隈を見回すと『G』と呼ぶ方が多いようだ。
確かにあのフォルムや、静かに忍び寄るさま、スナイパーとしては申し分ないのかもしれない。
しかも、ヤツの背後に回り込むことは至難の業だしな。

でも、マジョリティ嫌いの私はあえてそこは「ブリちゃん」だ。
ひねりも芸もない隠語だが、「ちゃん」をつけることで後ろめたさを幾分か和らげているつもりだ。

ある人は言うだろう。

地球上のすべてのモノに意味があり、価値があり、愛すべきものだと。

否。

そんな綺麗ごとはヤツには通用しない。

確かにヤツが人間に対して危害を加えることはない。
では、なぜ人はヤツを恐れるのだろうか??

奥さんの「ブリちゃん」に対する防犯対策はかなりのモノで、情報収集もハイレベルなのだが、そのレポートの中にこんな一文を目にした。

【ヤツは地球外生命体である】

もちろんエビデンスなんてものは皆無なのだが、人が無条件に恐れを抱く対象として、圧倒的な承認力をもっている。
ヤツらは元々地球上で生まれたわけではなく、地球侵略のために現れたインベーダーであると仮定してみると、なおさらだ
きっと太古の人類は、ヤツらが侵略者であることを知っていた。
しかし、現代ではその事実は抹消されてしまい、根拠に乏しい「恐怖」だけが残ってしまった。

では現実世界で起きている事象をレポートします。

その日の帰宅時間は23時。
ちょいとデスクワークが溜まっていたので、いつもよりも遅めの帰宅。
当然この時間には、奥さんと息子二人は就寝中なのだが、その日は少々異なる。

バイクを停めて、家のほうへ目を向けると白い明かりがついている。
基本的に夜間、彼女が蛍光灯をつけることはない。
光色がウンタラカンタラで、睡眠の質をナントカカントカらしいが、わたしはいつも既聴スルーしている。

そんな奥さんが蛍光灯を点けたまま、眠っているとは思い難い。

扉を開けて部屋へ入ると、寝室のふすまが開いており布団の上で3人が車座になっていた。
(ははぁ〜。1歳児が泣いて奥さんが起きているうちに、7歳児も目が覚めちゃって、悪乗りで遊び始めた23時ってとこですなぁ。よっしゃー!おれも遊んじゃおっと!)
と、いった妄想を働かせながら寝室へと近寄ると、神妙な面持ちで奥さんがこちらを見てくる。

奥:「でた」

俺:「まじか……」

たった五文字で十分だった。
いやヤツに敬意を払うならば、たったG文字だな。

意外なことに、奥さんの状況は比較的安定していた。

彼女が「ブリちゃん」又はそれに類する虫に遭遇すると、往々にして発作が起きる。
主な症状は、

「過呼吸」
「動悸」
「どんぶり」

そう!

「どんぶり」なのです。

想像してみてください。

暗い部屋でひとり♪
テレビはつけたまま♪
僕は眠りの中♪
何の夢を見てる〜♪

イエモンのJAMが脳内リフレインしてる、次の瞬間。

テレビと壁の隙間から、黒い影が現れた時

A:たたかう
B:ぼうぎょ
C:にげる

選択が難しいですよね〜。

最終的には一択問題なのに、刹那の選択肢は無限なのですよ。

まずは逃げるを選択してみましょう。

ヤツの存在を忘れて、床に就いてヤツの存在を忘れてみます。

でも……

もしもヤツがあなたの枕元にやってきたらどうしますか?
あなたが寝ている間にキッチンへと侵攻して、コップの縁をお散歩していたらどうしますか?

そうなんです!!

「いてもたってもいられん」のです。
つまり「にげる」は無いのです。

次は防御を選択してみましょう。

人類の、わかりやすい防御は「境界」です。
隣家との壁、国と国との国境。
でもね。
ヤツに「境界」など通用しないことを頭では理解していますよね。

つまり。

「たたかう」しか法がないのです。

たとえ結果が「あきらめる」になったとしても「たたかう」のです。

ココで重要になってくるのは『武器』。
私レベルの猛者になれば、素手でもヤツと渡り合えるのですが、世の女性のことを鑑みると「武器」は重要です。

しかし、ヤツは我々の「虚」をついて現れます。
遭遇した状況によっては、最適な武器が手元にあるとは限らない。
どんな苛烈な状況に置かれても、人は何かの『道具』を手にすることで、状況を打開してきた生き物である。

あなたは、何を手に持ちますか?

これは心理学的にも通じるものがある。
困ったときに手にするモノ。
それは「あなた」が深層心理の世界で、心の拠りどころとしているモノである可能性が極めて高い。

彼女の場合は、それが「どんぶり」なのだ!!

三人が待ち構える寝室へ入ると、みそ汁椀が一つ、どんぶりが一つ、布団の上に転がっていた。

なぜだろう?

なぜ彼女の武器は「どんぶり」なのだろうか?

理由を聞いても意味が分からない。
今回もヤツを見つけるなり、長男をたたき起こして

奥:「どんぶり!どんぶり持ってきて!」

奥:「わたしは見張ってるから!!」

うぅ〜ぬ……。
意味不明。

でも彼女にとっては「どんぶり」が拠りどころなのだから、他人がどうこう言う問題ではないのかもしれない。
もちろん彼女が「どんぶり」を有効活用することは一切無いわけだがな……。

一方のヤツは、タンスの裏に隠れたっきり出てきていない様子。
出現からすでに10分以上は経過している。
膠着状態を打破するために、彼女が切り出した。

奥:「やろっか?」

俺:「ん??」

私は何を言われたか、判っていた。
でも仕事で疲れた体を奮い起こすには、少々時間が遅い。
とりあえず、言葉の意味を分かっていない体を装ってみた。

奥:「前にもやったよね」

俺:「まぁねぇ……」

彼女は以前にあった我が家の事件。

深夜の大捜査線〜「THEブリちゃん」〜ベットルームを封鎖せよ

のことを引き合いに出している様子だった。
しかし、その時の結果は「あきらめ」だった記憶がある。

つまり彼女は俺に、こう言いたいのである。

「寝室のタンスをどけて、退治しよう」と。

我が家の小さな寝室は、壁際に家具が並んでいる。
中ぐらいのタンス、大きなクローゼット、大きな木製のままごとキッチン、本棚。
ヘビー級のオンパレードなのだ。

それを、深夜0時前の仕事を終えた私に「どけて退治しろ!!」と、おっしゃるわけだ。

(いやぁ〜。正直つらいなぁ……。)

俺:「とりあえず、お風呂入らせて」

彼女の要望を適度にいなして風呂に入る。
(なんとか発作が収まらないかなぁ……)
早々に風呂を上がって、すぐさま状況を確認する。

「ブリちゃん」は未だ姿を現さない。
彼女はまだ臨戦態勢を解いていない様子だ。

長男はすでに再眠体制に入っており、覚醒しているのは彼女と赤ちゃんのみ。

俺:「少し、起きてよっか?」(晩酌したいし……)

俺:「どのみち電気つけてたら、あいつは出てこないよ」

灯りを豆電球に変え、部屋の光量を下げてポツポツと会話し始める。
会話の内容は当然、「ブリちゃん」について。

俺:「昔はよく過呼吸になって、パニック障害になってたよね」

奥:「このうちに来てからは、G以外の虫に遭って少し免疫ができたかもね。足高さんとか」

「足高さん」とは、「ブリちゃん」の天敵として有名な「アシダカグモ」のことだ。
我が家で共存が許された唯一の虫。

しかし、

そのサイズがね……。

「足高おじさん」クラスになると、おおよそ大人の手のひらサイズはある。
それが夜影に壁を這っている姿たるや、異世界から召喚されし「魔」である。

我が家は、真っ白な漆喰の壁。
そこに手のひら大の、黒き影が滑るようにして移動していく。
「ブリちゃん」の天敵なのは十分理解していても、少々許しがたい恐怖を与えてくる。
なかなかに、おぞましい光景なのだ。

奥:「去年は一度も出なかったのに、今年は何か違うのかなぁ〜」

俺:「赤ちゃんもいるし(食べ物散らかす)、今年は少し湿度が高くて暑いからね〜」

晩酌も終盤に差し掛かり、もう一杯とキッチンへと立ち上がったその刹那。

俺:「いたっ!!」

ブリチャン ガ アラワレタ!!

(脳内にはドラクエのバトルミュージックがリフレイン中)

ココから先は音楽を流しながらどうぞ。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

ドラクエ3 BGM 戦闘のテーマ FC

てゅるるるるるるるるるるるぅるるぅ↑♪

ズンチャ♪ズンチャ♪ズンチャ♪ズンチャ♪ズンチャ♪ズンチャ♪ズンチャ♪ズンチャ♪

て〜〜れーれー♪ れーれー♪

テペポパッペポ♪テペポパッペポ♪テペポパッペポ♪テペポパッペポ♪

て〜〜れーれー♪ れーれー♪

テペポパッペポ♪テペポパッペポ♪テペポパッペポ♪テペポパッペポ♪

てけてけてっ!てけてけてっ!ふにゃふにゃ♪

てけてけてっ!てけてけてっ!ふにゃふにゃ♪

てーれてってってて〜♪てけてって♪

てーれてってってて〜♪てけてって♪

ブリが出た!ブリが出た!ブリが出た!

ウソだ!ウソだ!ウソだ!ウソだ!まじ……。

ブリが出た!ブリが出た!ブリが出た!

まじか!まじま!まじか!まじか!まじ……。

ぴゅるるるるるぴゅるるるるるる〜〜〜〜〜〜♪

当然、?俺?の選択は

▲「たたかう」
 「ぼうぎょ」
 「にげる」

しかし、武器が無い。
素手でもイケるが、痛恨のミスを犯さないためには、素手よりも場面のデカい武器が必要なのだ。

よく見る武器に「雑誌を丸めた棒」なんてのがあるが、あれは大きな間違いである。
丸められた棒は、打面が極端に小さくなり空振りの可能性が高くなる。
イメージしやすいのは車のタイヤ。
あんなに大きな円形なのに、地面との接地面は『ハガキ一枚分』なのだから、円と面の物理的性質を見極める必要がある。
つまり面に対しては、『面』で立ち向かうのが最良となる。

ヤツは寝室から場所を替え、すでに居間の壁に現れている。
驚くべき機動力だ。

しかもヤツはまだ、奥の手を隠し持った状態。
居間にある息子の本棚の影から現れ、高感度センサーを左右に振りながら様子をうかがっている。
センサーが危険を察知し次第、すぐ本棚の陰に隠れことが可能なポジショニングをキープしている。

そう。

ヤツはまだ「かくれる」と「飛ぶ」と言う、逃走経路を持っているのだ、

ヤツとの戦いで、忘れてはいけないことがある。

【決してヤツから目を離してはいけない】

特に薄暗い環境においては、ヤツに合わせた焦点を一度離すと、再度認識するまでに時間がかかってしまう。
そのわずかな時間が命取りとなるのだ。

私は決して目を離さない。

一人で武器を探索しながらも、奴から目を離さない。
そんな作業は至難の業だが、今回は彼女がいるので一安心。

俺は腰を少し沈めて、目線をヤツの高さに合わせた。

左手は「だら〜ん」と前に出したノーガード戦法。
しかし、右手は違う。

その容姿は『トレンチを持つウェイター』。
もちろんシャドーゆえに、トレンチなどは持っていない。

シャドーしている俺の右手に、彼女が武器を置く手はずとなっているのだ。

居間にある最適の武器は、雑誌であることは揺るがない。
そして、前述したように雑誌を「丸める」なんてことはしない。

雑誌も様々あるが、Nissenやタウンページは愚の骨頂。
破壊力こそあれ、ヤツの機動力に対しては重すぎて不向きだ。

かと言って大学ノートの様なライトボディでは、手への馴染みが軽くこれまた不向き。

理想的な雑誌は

 PJ

名称:ピーチジョン
通称:婦人用下着雑誌
属性:一流モデルかつ二流タレント
攻撃力:ローラ・アンナ級

そっと俺の右手に置かれた、PJ。
適度な重さと、表紙の可愛さは「Nice One!!」。

表紙のモデルも、まさかこれから「ブリちゃん」とたたかう羽目になるとは思いもしなかっただろう。

俺は右手にPJを持ちつつ、ヤツとの距離を縮める。
じわじわと。

距離にして1m。
少し異変を感じて、歩みを止めた。

ヤツのセンサーの振り幅が大きくなったのだ。

まずい。

気取られたか……。

即座に「俺」は、気配を殺す。

ドラゴンボールで言うところの「気」を消す。
ハンター×ハンターで言うところの「絶」。

少々気負い過ぎて、殺気がみなぎっていたようだ。

しかし気配を殺し、心穏やかにして「ブリちゃん」を凝視するだに、まぁ、気持ちの悪い事この上ない。

サイズにして100円ライター程度。
触角はボディと同等の長さ。

そして、丸いと思っていた頭部が『∩』ではなく、『凸』の形になっていることに気が付く。

個体差なのかもしれないが、気持ち悪さが加速した。

1分ほどの睨み合いの末、ヤツがゆっくりと前進を始めた。
ヤツと本棚の隙間との距離は約20cm。

頃合だった。

「うぉらっ!!」

一気に1mの距離を詰めて、「ブリちゃん」目がけて『PJ』をブチ込んだ!!

「どぅぉ〜〜ん!!」

小さな借家が、大きく揺れた。

ドラゴンクエスト(ファミコン) “レベルアップ” 効果音(3秒)

ドラゴンクエスト ファミコン レベルアップ 効果音(3秒)

てれれれってれっれーーー♪

イシマン ハ ブリチャン ヲ タオシタ

……

『PJ』 ハ ノロワレテ シマッタ

イシマン ハ シックイ ノ

カベ 二 ベホイミ ヲ トナエタ

カベ ハ ウエット ティッシ ニ ヨッテ

イチメイ ヲ トリトメタ

結論:

ブリトニーとゴルゴ13が家に来ちゃった!? どうやってもてなすの?? 最良のオモテナシ1選。

ブリトニーはアンナで制す
ゴルゴ13はローラで制す

以上!!

いつか誰かの「たたかい」の参考になれば……。

汚してしまった『PJ』も、もとい。

ローラやアンナも報われるはずだ……。

おしまい

メルマガ退会をご希望の際はお手数ですが以下のリンクよりお願い申し上げます。
URL: http://gofuju.com/xmailinglist/mag/

コメント

トップへ戻る