mag042 「げんばく」って知ってますか?

あなたのナチュラル・ライフを【おいしく】【たのしく】【オモシロく】
五風十雨のメールマガジン 42号

 毎度っ!
 自然食品店【五風十雨】のイシマン(てぬぐいの方)です。

 本メルマガは自然と寄り添った暮らしの提案を心に秘めながら、日々【おいしく】【たのしく】【オモシロい】営業を心がけるオジサン二人が運営する自然食品店の営業日誌を兼ねた、メールマガジンとなっております。

 感謝の一周年Weekも無事に完走いたしました!
 ご来店いただいた「あなた」も、足は運べなかったけどメルマガをご覧いただけている「あなた」。本当にありがとうございました。

 五風は二年目も変化し続ける年になりそうです。どうぞ、細く永くお付き合いいただけますと幸甚でございます。

 では、先週の一周年Weekのピーク、11月8日に開催された「どんちゃん騒ぎ」&「イタリア紀行 出版記念パーティー!!」

 ハッキリ言ってアホ企画。三十後半のオジサン二人が全力で青春している様をお見せで来たのではないかと思っております。
 ご存知ない方に要約して冊子の内容をお伝えしますと、、、

 まずは表紙にアホが凝縮されています(笑)

 オヤマ渾身の自撮り。
 テーマは三十代の青春、往年の「広末涼子」風のグラビアになっております。
 イタリアでオッサンが、この自撮りをしていたことを想像するだけでも寒気がします。

 「時間」「言語」「お金」(+パスポート)と言う、海外の旅に必要な要素を何ひとつとして持ち合わせていなかった「オヤマくん」(メガネの方)。
 これらの要素を乗り越えるべき「課題」としてとらえ、イシマンとオヤマくんの微小な脳をフル稼働させてたどり着いた「オヤマイタリアーノ計画」を中心にまとめたパート。

 みなさまの援助の元イタリアへと旅立ったオヤマくんは、つくり手、つなぎ手、つかい手とともに自然栽培のオリーブ畑や加工所などを巡ることで、日本では感じ取ることが出来なかった経験をさせていただきました。その内容とイタリアならではの野菜料理や生パスタのつくり方などのレシピを交えたイタリアパート。

 そして、帰国して想うイタリアで学んだココロのあり方。
 宜保愛子先生と丹波哲郎先生にも登場いただく、エピローグパート。

 ぶっちゃけ最後はカオスです。

 そして最終ページは今回の援助額と支出額のご報告で締めくくらせていただいております。

 今回のイタリア紀行をまとめた冊子は基本的に、ご支援いただいたみなさまへの無料配布として刷っております。まだお手元に無い方には順次発送予定となっておりますので、今しばらくお待ちいただけますようお願い致します。

 でもね。直接のご支援がなくとも、応援のお声がけを頂いたお客様もたくさんおりますゆえ、E-Bookにして配信することも検討しております。
 読みたい方は是非、本メルマガへの返信にて「読みたい!」とご返信くださいませ。E-Bookをつくる(結構大変)ための原動力とさせていただきますので、お声がけくださいませ。
 (店頭には閲覧用がございます)
 

 そんな一週間でした。

 ちなみに今日(火)は、満月。

 新月・満月は五風の試食会。
 ベジスープの手打ちラーメンを振る舞わせていただきました。

 おかげさまで後半の営業はホボ、ラーメン屋のおやじと化したイシマンでした。
 スープは当店の野菜だけ、調味料は塩とゴマ油だけ。

 別に飲んでくださいと言ったわけでもないのに、スープを全員が飲み干して器を返してくれたことがビックリでした。

 ラーメンの原価??

 あははhhhh。

 今日も出した出した!!

●●● おいしい ●●●

 今週金曜(11/15)は月一パン屋さん
 「Bio Land」(ビオランド)さんのパンが入荷します。

 ビオランドさんは本格ドイツパンで、原材料も厳選されております。
 自然栽培のスペルト麦や無農薬小麦をはじめとし、自家製酵母も当然。

 世の中に出回る小麦の現状を知ると、ラーメン、パンなどの粉物は外食するときは少し考えちゃいますよね。
 現代の小麦の闇を知りたい方は店頭で直接オジサンたちにお声がけくださいませ。

 ビオランドさんの入荷予定メニューです。

■プッレッツエルの丸パン
■ドイツの黒パンハーブ入り(クォーターサイズ)
■ドイツの黒パンひまわり入り(クォーターサイズ)
■ドイツの黒パン(クォーターサイズ)
■スペルト小麦の田舎パン(ハーフサイズ)
■スペルト小麦のヴィーガンクロワッサン
■クルミとレーズンのライ麦パン
■ハイジの白パン
■有機ライ麦の食パン(ハーフ)
■豆乳チョコチップパン

※クリスマスのお楽しみ「シュトレン」もご予約開始いたします。
原材料は以下。

・有機強力粉・有機スペルト小麦全粒粉・有機レーズン・有機豆乳・菜種油(非遺伝子組み換え原料使用)・有機オレンジ&レモンピールキャンディード・ラム酒(農薬不使用原料使用)・有機アーモンド・有機砂糖・有機ココナッツオイル・ゲランドの塩・自家製酵母・有機シナモン・有機カルダモン・有機アニス・有機ナツメグ・有機バニラビーンズ

ご予約などは
 本メールへの返信、または03-6804-0703
 電話番号の覚え方はとっても簡単!

(ゼロさん、無農薬おいしー、オーガニックなオッサン)

●●● たのしい ●●●

 今週末は出稼ぎだぜ!!

 【遺跡フェスタ 2019】の「江戸市」に出店してまいります。

 2019年11月16日(土) 10:00 ? 15:00

遺跡フェスタ 2019 | 都筑民家園
遺跡オーガニックマルシェ 弥生美レッジ 江戸市

 横浜市都筑区大棚西2番 都築民家園
 横浜市営地下鉄 センター北駅 徒歩10分

 出展内容は。。。火遊び。

 イシマンは子供のころから火遊びが大好きです。
 実家には囲炉裏もあったので、生活と「火」が今の生活以上に密接でした。

 現代においてはコンロをひねれば火が出る。
 やもすれば火を使わずとも電子レンジやIHヒーターで熱源を確保できてしまいます。

 でも人は「火」と共に進化してきました。

 火の大切さと、火の怖さと、日野の二トン。

 前職ではお野菜を届けるお仕事で2トン トラックに乗っていたイシマンは、正直いってISUZU(いすず)の車体が好きですが、CMソングは日野トラックが好きです。

 ぜひ週末は炭火でオーガニックポップコーンを作りに来てくださいね〜。

※公園内では他にもイベントやオーガニックマルシェ、キッチンカーなどが目白押しですので楽しんでいただけます。
 ナチュラル&ハーモニック プランツさん も近くにあるからお買い物がてらどうぞ〜。

●●● オモシロい ●●●

 今日の営業中に久しぶりに耳にした言葉。

 「げんばく」って、知ってますか?

 アレじゃァ、無いんです。
 決して爆発することは無い、粉物業界のプロしか使わない言葉です。

 「玄麦」(げんばく)

 玄米の麦バージョンです。
 お米同様に玄麦の状態の方が、酸化もしにくいため保存性に富んでいます。
 しかし世に出回ることはほとんどありません。

 日本は麦の90%近くを輸入に頼っています。
 輸入される麦の主な流通経路は

 政府の委託業者(輸入業者)
 ↓
 政府の価格調整
 ↓
 製粉・精麦業者
 ↓
 加工販売業者
 ↓
 消費者

ですが、上記はあくまで粉としての流通であり、日本は消費者が粉として消費するのは約3%程度のようですから大半はさらに複雑になります。
以下は業務用小麦粉

 製粉工場
 ↓
 (一次卸)
 ↓
 (二次卸)
 ↓
 加工業者 
 ↓
 飲食店など
 ↓
 消費者

以下は家庭用小麦粉

 製粉工場
 ↓
 食料品一次卸
 ↓
 食料品二次卸
 ↓
 一般食料品店・スーパー・量販店
 ↓
 消費者

 普通は「玄麦」でお目にかかれるもんじゃないんですよ。麦は。
 だから、「国産」で「有機栽培・自然栽培」の玄麦と言ったらなおのことです。

 生産者
 ↓
 (販売店)
 ↓
 消費者

 くらいに流通をショートカットしないと実現しない麦。
 流通が複雑になればなるほど、食品の闇が生まれる昨今。

 信頼できる「つくり手」や「つなぎ手」とつながっていないと、先々に生きづらくなりつつあるのも事実に思えてきます。

 ちなみに当店でも「玄麦」は簡単には手に入りません(涙)

おそまつ

次号もお楽しみに。

 こんなメルマガでも実は、ごく一部のマニアの方にウケております。

 もしも、お友達やお知り合いにマニアの方がいらっしゃる際は、是非オススメ下さいませ。
 オススメの際は自動登録用アドレスをご利用くださいませ。
 空メールを送信するとメルマガの登録ができます。

 mag-apply@gofuju.com

メルマガ退会をご希望の際はお手数ですが以下のリンクよりお願い申し上げます。
URL: http://gofuju.com/xmailinglist/mag/

コメント

トップへ戻る